MENU

稲葉玲王の学歴を出身大学・高校・中学まで詳しく調査!色々事情ありって本当?

最年少プロサーファーとして、2010年に衝撃のデビューを果たした稲葉玲王選手。

2024年パリオリンピックの代表選手としても注目を集めていますよね。

幼い頃からサーフィンを中心とした生活を送ってきた稲葉玲王選手は、どのような学歴をたどってきたのでしょうか?

この記事では、稲葉玲王選手の学歴についてまとめました。

稲葉玲王選手の学歴を知ることで、親近感が増してもっと応援したくなること間違いなしです!

目次

稲葉玲王の学歴について

引用元:DEEP SURF

大学と高校には進学していない

稲葉玲王選手は、大学と高校には進学していません。

プロサーファーとしてデビューしたのが13歳のときでした。

稲葉玲王選手は当時中学生で、そのときにはすでにサーフィン一筋だったようです。

出身中学校は一宮町立一宮中学校

稲葉玲王選手は、千葉県長生郡一宮町にあります一宮町立一宮中学校を卒業されています。

中学生になったあとも、毎日海岸に行って波に乗っていたとのこと。

そんな稲葉玲王選手は、13歳という若さでプロサーファーデビューをすることになります。

毎日海岸に向かう姿を想像しただけで、サーフィンが好きだったんだなというのが伝わってきます!

出身小学校は一宮町立一宮小学校

出身小学校は、一宮町立一宮小学校です。

小学校6年生のとき、同級生の大原洋人選手とよく海に通っていました。

地元のサーフィンイベントで1位になり、広報誌に載ったこともありました。

引用元:広報いちのみや

これは決して小学生向けのサーフィンイベントではなく、大人も参加するスペシャルクラス(上級者向け)での成果です!

大人たちを抑えて1位になるくらいですから、その腕前のすごさが伺えますよね。

稲葉玲王を取り巻く色々な事情とは?

引用元:日本経済新聞

輝かしい実績と共にプロサーファーになった稲葉玲王選手ですが、かつて水嫌いになったことがあったそうです。

稲葉玲王選手がまだ1歳で、父の康宗さんと一緒にサーフィンの聖地・米ハワイの海に行ったときのこと。

詳しい状況まで分かりませんでしたが、水が怖くなってしまった稲葉玲王選手を見て、康宗さんは「息子をプロサーファーにする夢を1度諦めた」そうです。

5歳になってから康宗さんの指導のもとサーフィンを始めたわけですが、初めは泣きながら取り組んでいたと語られています。

そのような過去があったなんて、意外ですよね。

まとめ

稲葉玲王選手の学歴をまとめました!

稲葉玲王選手の学歴と事情まとめ

・大学と高校には進学しなかった

・中学校は一宮町立一宮中学校を卒業

・小学校は一宮町立一宮小学校を卒業

・幼い頃からサーフィンの実績を重ねてきたが、かつて水嫌いになったことがあった

2024年6月時点で27歳とまだまだ若い稲葉玲王選手。

これからもたくさんの実績を積み重ねていくことでしょう。

今後の活躍にも期待していきましょう!

目次