MENU

五十嵐カノアの学歴はハーバード大学!出身高校や飛び級・何か国語話せるかまで調査

日本サーフィン界の期待の星である五十嵐カノア選手は、東京オリンピックで銀メダルを獲得した実力派サーファーとしてだけでなく、その知性からも注目を集めています。

なんと彼は名門ハーバード大学で経営学を専攻しているのです。

今回は、五十嵐カノア選手の驚きの学歴について、出身高校や飛び級の噂、語学力まで徹底解剖します。

目次

五十嵐カノアの学歴を徹底解剖!ハーバード大学への道

画像引用:Instagram

五十嵐カノア選手は頭が良いとの噂がありますが、真相はどうなのでしょうか。

ここでは、ハーバード大学への進学理由と専攻、そしてハーバード大学の難易度と五十嵐カノア選手の学力について詳しく解説していきます。

ハーバード大学への進学理由と専攻

2023年9月、サーフィン界の第一線で活躍する五十嵐カノア選手は、名門ハーバード・ビジネス・スクールに入学しました。

サーフィンと並行して経営学を学ぶことを決意した背景には、幼い頃から抱いていた「ビジネスへの興味」があったとのこと。

サーフィンで培った経験や知識を活かし、ビジネスの世界でもトップを目指したいという強い意志から、若くて吸収力のある今の時期に多様な学びを得ようと、五十嵐選手は進学を決断しました。

ハーバード大学の難易度と五十嵐カノアの学力

ハーバード・ビジネス・スクールへの入学は、世界屈指の難関として知られています。

合格率はわずか12%と、極めて狭き門です。

高い学力に加え、リーダーシップ、コミュニケーション能力、社会貢献への意識など、総合的な資質が求められます。

五十嵐カノア選手は幼い頃からサーフィンに情熱を注ぎ、プロサーファーとして世界を舞台に活躍してきました。

その過程で培った高いコミュニケーション能力や問題解決能力は、ハーバード・ビジネス・スクールの厳しい環境においても十分通用するレベルだったのだと言えるでしょう。

五十嵐カノアの出身高校と飛び級の真相

画像引用:WAVAL

五十嵐カノア選手には、出身高校や飛び級に関する様々な噂が存在しますが、真相はどのようなものなのでしょうか?

ここからは彼の出身高校と飛び級の真実、そしてその驚きの背景について詳しく解説していきます。

五十嵐カノアの出身高校はどこ?

カリフォルニア州ハンティントンビーチの高校で学んだ五十嵐カノアさん。

アメリカでは高校までが義務教育で、公立高校であれば授業料は無料という制度があります。

多くの生徒が公立高校を選択する中で、カノアさんも同様に公立のハンティントンビーチ高校で青春時代を過ごしました

飛び級の真実とその背景

五十嵐カノア選手は15歳という若さで、ハンティントンビーチ高校を飛び級卒業しました。

この決断の背景には、サーフィンへの情熱と、母親との約束があったようです。

当時、カノア選手はすでにプロサーファーとして活躍しており、世界大会を転戦していました。

しかし、年間9カ月もの遠征生活は学業との両立を難しくし、葛藤を生んでいました。

そこでカノア選手は、母親との「学業優先、サーフィンは2番目」という約束を守るため、高等学校卒業認定試験に挑戦することを決意します。

見事合格を果たし、15歳という若さで飛び級卒業。

学業とサーフィンの両立という約束を守り、自らの手で夢への道を切り開いたのです。

五十嵐カノアは何か国語話せる?語学力の秘密

画像引用:日本の資格・検定

五十嵐カノア選手には複数言語を話せるという噂がありますが、真相はどうなのでしょうか?

ここでは五十嵐カノア選手が話せる言語一覧と、語学力を磨いた理由と方法について詳しく解説していきます。

五十嵐カノアが話せる言語一覧

五十嵐カノア選手は、英語、日本語、スペイン語、ポルトガル語、フランス語の5言語を操るマルチリンガルです。

幼い頃からカリフォルニアで育ったため、英語はネイティブレベルで話せるのは当然で、両親が日本人であるため日本語も話せます。

しかし、本人が一番よく使うのはポルトガル語だといいます。

子供の頃からサーフィン仲間や友達にポルトガル語やスペイン語を話す人が多かったことが影響し、自然とマルチリンガルになったそう。

そして実は「一番難しいのは日本語ですね」と苦笑するおちゃめな一面も持ち合わせています。

語学力を磨いた理由と方法

五十嵐カノア選手は、多言語が飛び交う環境の中で、自然と語学力を磨いてきました。

その背景には、今後さらにグローバルな舞台で活躍したいという強い意志があったようです。

サーフィンを通して世界中の人々と出会い交流する中で、現地サーファーとの情報交換や、複数の言語でインタビューに応じる経験を重ねるうちに、言葉の壁がないことの重要性を強く実感したのでしょう。

語学力を磨くために、彼は様々な方法を試してきました。

その中でも一番効果があるのは、「とにかく喋ること。実践あるのみ」と語っています。

トップアスリートらしい五十嵐カノア選手の多文化理解と実行力は、これからの若い世代にとっても良き手本となるでしょう。

まとめ

五十嵐カノア選手は、日本サーフィン界屈指の実力派選手であると同時に、その知性でも注目を集めています。

ハーバード大学への進学、飛び級での高校卒業、5ヶ国語を話せる語学力など、華やかな学歴を誇ります。

しかし、その輝かしい学歴の背景には、並々ならぬ努力と強い意志がありました。

サーフィンへの情熱と知的好奇心、そして世界中の人々と繋がりたいという思いが彼を突き動かしてきました。

サーフィン選手としても人としても、五十嵐カノア選手のさらなる成長は間違いありません。

彼の今後の活躍から目が離せませんね!

五十嵐カノア選手の記事まとめ

五十嵐カノアがハーバード大学合格した勉強法と理由はこちら👇👇

五十嵐カノアの年収が5億を越える理由はこちら👇👇

五十嵐カノアの美人でかわいい彼女の顔画像はこちら👇👇

五十嵐カノアのしゃべり方が変な理由はこちら👇👇

五十嵐カノアの両親の顔画像&経営する会社情報はこちら👇👇

五十嵐カノアと大沢たかおのそっくり顔画像比較はこちら👇👇

目次