MENU

五十嵐カノアのしゃべり方が変?活舌が悪い・滑舌障害の噂を徹底調査

日本サーフィン界の超新星、五十嵐カノア選手は、その圧倒的なスキルとキュートなルックスで、多くのファンを魅了しています。

しかし、そんなカノア選手のしゃべり方が変だと話題になっているんです。

活舌が悪い、滑舌障害があるなど、様々な噂が飛び交っていますが、実際はどうなのでしょうか?

今回は、五十嵐カノア選手のしゃべり方の特徴や、噂の真相について徹底調査していきます。

目次

五十嵐カノアのしゃべり方に注目!

画像引用:Instagram

五十嵐カノア選手のしゃべり方が話題になったのは、インタビュー動画やテレビ番組での発言がきっかけです。

確かに、他のアスリートと比べてゆっくりと話す印象があり、少し活舌が悪いと感じることもあります。

活舌が悪いと感じる理由

五十嵐カノア選手の話し方が活舌が悪いと感じられる理由は、いくつか考えられます。

まず、ゆっくりと言葉を選びながら話す傾向があります。そのため、初めて聞いた人にとっては、たどたどしく聞こえてしまうのかもしれません。

さらに、発音の語尾がはっきりしない、または言葉が重なる発音の時に省略するような話し方をするため、聞き取りにくいと感じる人もいるようです。

インタビュー動画から見るしゃべり方

五十嵐カノア選手の独特な話し方について詳しく知りたい方は、以下のインタビュー動画をご覧ください。

この動画では、五十嵐カノア選手がゆっくりと、言葉を一つ一つ丁寧に選びながら話す様子が伺えます。また、確かに語尾をハッキリ発音せず、やや活舌が悪い印象を与える場面も見受けられます。

五十嵐カノアのしゃべり方が変と言われる理由

画像引用:日本の資格・検定

五十嵐カノア選手の独特な話し方について、「難聴や滑舌障害があるのでは?」「海外育ちが影響している?」という噂がありますが、実際はどうなのでしょうか。

難聴や滑舌障害の噂

五十嵐カノア選手について、難聴や滑舌障害があるという噂が囁かれています。しかし、これらの噂はいずれも根拠のないデマのようです。

インタビュー映像を確認してみると、カノア選手はしっかりと受け答えしており、難聴であるとは考えにくい様子です。滑舌障害の噂ついても同様で、英語の発音のほうに慣れているからだと考えられます。

カノア選手は英語をネイティブレベルで操り、文法的に省略された表現を駆使しています。そのため、日本語を話す際には、語尾の発音が曖昧に聞こえることがあるのです。

これらの噂は、カノア選手の卓越した英語力から生まれた誤解と言えるでしょう。

海外育ちが影響している

五十嵐カノア選手は、幼い頃からカルフォルニアで育ちました。

国籍は日本ですが、普段の生活で日本語を使う機会はほとんどありません

世界各地を転戦する中、5つの言語を操るほど語学に堪能な五十嵐選手ですが、「日本語が一番難しい」と照れ笑いする場面もありました。

東京オリンピックでも日本語の通訳を準備しており、世界を舞台に活躍する一方で、単純に日本語が得意ではないようですね!

五十嵐カノアのしゃべり方を聞いたファンの声

五十嵐カノア選手のしゃべり方について、ファンからは様々な声が寄せられています。

一生懸命日本語を話そうとする姿からは、日本のファンを大切にしたいという気持ちが伝わってきますよね!

サーフィンのみならず語学力向上にも努力している姿は、アスリートとしてだけでなく、人間としても魅力的だと感じている人が多いようです。

まとめ

五十嵐カノア選手は、ゆっくりとした話し方が特徴で、やや滑舌が悪いように聞こえることがあります。しかし、難聴や滑舌障害ではなく、日本語に慣れていないことが原因と考えられます。

この個性的な話し方は、多くのファンから愛されています。今後も、五十嵐カノア選手の世界的な活躍と、その魅力的な話し方に要注目ですね!

五十嵐カノア選手の記事まとめ

五十嵐カノアがハーバード大学合格した勉強法と理由はこちら👇👇

五十嵐カノアの年収が5億を越える理由はこちら👇👇

五十嵐カノアの美人でかわいい彼女の顔画像はこちら👇👇

五十嵐カノアのしゃべり方が変な理由はこちら👇👇

五十嵐カノアの両親の顔画像&経営する会社情報はこちら👇👇

五十嵐カノアと大沢たかおのそっくり顔画像比較はこちら👇👇

目次