MENU

古賀塔子出身中学・高校・小学校まで学歴を紹介!進路はオランダフェイエノールトに決定

サッカー日本女子を牽引し、今後の活躍が大いに期待されている若き新星、古賀塔子選手。

パリ五輪の日本女子代表に選ばれ、若干18歳でありながらオランダのチームへの所属が決まるなど、今注目を浴びています。
他の先輩選手たちに比べるとまだまだ大舞台での経験は少ない彼女ですが、その実力は確かなもの!

この記事では、そんな古賀選手がこれまでどのようにサッカー人生を歩んできたのか、学歴や活躍をご紹介します。

目次

古賀塔子の出身中学・高校・小学校までの学歴

引用元:『ゲキサカ』

若くして大舞台で活躍する古賀選手ですが、その生い立ちが気になりますよね!
まずは、小学校、中学校、高校はどこに通っていて、どのようにサッカーに触れてきたのかをまとめました。

出身中学

古賀選手は、中学1年~高校卒業までJFAアカデミー福島に在籍し、サッカーのエリート教育を受けていました。

2021年に13期生として静岡県の裾野市立富岡中学校を卒業しています。

JFAアカデミー福島は、福島県の富岡町、広野町、楢葉町の協力のもと、完全寄宿制中高一貫の教育を行っています。
2011年の東日本大震災の影響で福島県内での活動ができなくなり、一時的に静岡県に移転していましたが、2024年現在は福島県内での活動を再開しています。

学校については居住地の学区にある公立学校へ進学するので、静岡を拠点にしていた古賀選手は静岡県内の中学校に通っていたのですね。

中高の6年間、通常の学校に通いながらサッカーのエリート教育を受けてきたというのですから、驚きですね!
また、古賀選手の出身は大阪府なので、親元を離れてサッカー教育を受けていた可能性が高いです。

中学1年生で親元を離れる勇気たるや…
なかなか真似できませんよね!

 

出身高校

2024年に福島県立ふたば未来学園高校(静岡県・三島長陵校舎)を卒業しています。

こちらも先ほどご紹介したように、JFAアカデミー福島に在籍しながら通っていた高校です。

JFAアカデミー福島には、古賀選手以外にも今活躍している有名選手が多数在籍していました!

今後も古賀選手のような若く才能溢れる選手が、多く輩出されるかもしれませんね。

出身小学校

古賀選手の出身小学校に関して、情報はありませんでした。
出身は大阪府なので、おそらくは大阪府内の小学校に通っていたのではないでしょうか。

古賀塔子の進路はオランダフェイエノールトに!

2024年1月、古賀選手がオランダのフェイエノールトに入団することが発表されました。

契約期間は2026年半ばまでとのこと。
シニアになっていきなり海外で活躍するチャンスを掴むなんて、それだけ注目されているということですよね。

フェイエノールトへの入団を決めたきっかけは、2022年インドで行われたU-17W杯にて、フェイエノールトが古賀選手のプレーを見て声をかけたことだったそうです。
高校2年生の冬にフェイエノールトの練習に参加し、ここでプレーしたいと思ったと話しています。

センターバック、ディフェンダーとして活躍してきた古賀選手ですが、フェイエノールトではボランチを任されることに。

海外チームで新境地を開くこととなった古賀選手の活躍に、期待がかかっています!

古賀塔子のプロフィールと活躍を紹介!

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: kogatouko2.jpg
引用元:『サッカーダイジェストWeb』

日本国内だけでなく、海外でも期待されている古賀選手ですが、まだまだ詳しい情報は明らかになっていません。

今わかる限りの古賀選手の情報を集めましたのでご覧ください!

プロフィール

古賀塔子選手のプロフィール

出身地:大阪

生年月日:2006年1月6日

身長::173cm・58kg

サッカーを始めたきっかけ:小学1年生のとき、兄の影響で始める

所属チーム:フェイエノールト(オランダ)、サッカー日本女子代表

夢:海外で通用する選手になること

ポジション:DF

強み:対人の強さ・運動量・スピード、様々なポジションでプレーできる

好きな食べ物:皿うどん

好きな言葉:遠藤保仁の「明日やろうはバカヤロー」

本業のポジションはセンターバック、ディフェンダーですが、様々なポジションでプレーができる万能選手なのですね!

フェイエノールトでのボランチとしての活躍もとても楽しみです。

「海外で通用する選手になりたい」という夢は早くも叶えられようとしていて、古賀選手のこれまでの努力が伺えます。

これまでの活躍

  • 2022年 U-17サッカー日本女子代表
  • 2023年6月 サッカー女子ワールドカップではトレーニングパートナーとして帯同
  • 2023年9月 第19回アジア競技大会に日本代表として選出、チームの大会2連覇に貢献
  • 2023年12月 ブラジル代表との国際親善試合に、なでしこジャパンとして高校生で初招集
  • 2024年 パリ五輪の女子代表に選ばれる

同じく18歳の谷川萌々子選手と共に、なでしこジャパンのトレーニングパートナーとしてワールドカップに帯同していたという古賀選手。

練習の際、日本の対戦相手役を務めるという重要な役割があったそうです。
海外選手は身長が高く体格も良いので、身長173cmの古賀選手は十分な相手役となったわけですね。

チームをしっかりと支え切ったことが結果となったのか、その後ついになでしこジャパンに召集されます。

2024年パリ五輪での古賀選手の活躍もとても楽しみですね!

まとめ

なでしこジャパン最年少の古賀選手について、学歴とこれまでの活躍をご紹介しました!

  • JFAアカデミー福島に所属し、サッカーのエリート教育を受けていた
  • 静岡県の裾野市立富岡中学校を卒業
  • 福島県立ふたば未来学園高校(静岡県・三島長陵校舎)を卒業し
  • 2024年1月にオランダ・フェイエノールトへの入団が決まる

小学1年生でサッカーを始め、その後エリート教育を受けてきた古賀選手。
その実力は十分で、海外からも注目されるほどの選手ということがわかりました!

古賀選手の華々しい活躍を楽しみに、パリ五輪では大きな声援を送りましょう!

目次