MENU

古賀塔子の家族構成!父母の職業や兄弟についても詳しく解説

サッカー女子日本代表に選ばれた古賀塔子選手。
まだ18歳の若き期待の星です!

今後のなでしこジャパンを牽引する存在とも言われる古賀選手ですが、どのような家庭に育ったのかや、詳しい家族構成を知りたいと思うファンも多いようです。

この記事では、古賀選手の家族について調査しました!

目次

古賀塔子の家族構成は?

引用元:『YAHOO!JAPANニュース』

古賀選手の家族について調べたところ、どうやら、

父・母・兄の4人家族

ということがわかりました。

しかし、まだ18歳の若き選手のため、家族に関してはもちろん、古賀選手自身についても情報がほとんどない状況です。

2024年1月に、オランダのフェイエノールトへ入団することが発表され、これからの活躍に期待がかかる新星です!
パリ五輪でメディアへの露出も増えてくると、プライベートに関する情報も少しずつ明らかになるかもしれませんね。

父親はどんな人?

2024年現在、古賀選手の父親に関する情報は全くありませんでした。
しかし、古賀選手のプロフィールを見ると出身は大阪府となっています。

古賀選手自身は、2018年~2023年までJFAアカデミー福島に所属していて、中学校は静岡県裾野市立富岡中学校、高校は福島県立ふたば未来学園高校(三島長陵校舎・静岡県)を卒業しています。

おそらくは古賀選手のみがサッカーを学ぶため、単独で静岡県で寮生活を送っていたのではと考えられます。

高校卒業後にオランダのチームへ入団することも決定していますし、両親は今も大阪に残っている可能性が高いですね。

古賀選手の活躍をきっと喜んでいるでしょう!

母親はどんな人?

父親同様、詳しい情報は見つかりませんでした。

娘にサッカーを学ばせるため、サッカーの専門の場に送ってやるなど、親として簡単な決断ではないと思います。

心配もたくさんされてきたことと思いますが、愛娘の華々しい活躍を見れば、間違いではなかったと安堵していそうですよね。

とはいえ、古賀選手がJFAアカデミー福島にて高校卒業後、オランダのチームへの入団が決まり、親子でゆっくりと過ごす日々がなかなか持てずに寂しい思いをしているかもしれません。

兄はどんな人?

小学1年生のときに兄の影響でサッカーを始めたという古賀選手。
この情報から、少なくとも兄弟は兄が1人いることがわかります。

他にも兄弟がいるのかはわかりませんでした。

古賀選手がサッカーを始めるきっかけとなった兄、ということは、サッカー少年だったと予想できますね!

どれくらいサッカーを続けていたのかなどの情報もありませんでしたが、今の古賀選手の女子サッカー選手としての将来を築いたともいえる存在です!

古賀塔子の父母の職業は?

引用元:『サッカーキング』

家族についての情報がないため、

父親・母親がどんな職業に就いているかということについても、全くわかりませんでした。

古賀選手が所属していたJFAアカデミー福島は、

入学手続金が20万円、活動費(住居費・食費・水道光熱費等)が月額8万円で、初年度は年間で116万円、次年度からは年間96万円。

中学1年生から高校卒業までの6年間所属するので、約600万円かかります。

では、一般的な中学・高校の学費はどうでしょうか?

一般的な公立中学の場合、年額50万円程度、私立だと年額120~140万円程度。
一般的な公立高校の場合、年額50万円程度、私立だと年額100万円程度。

私立の中学校・高校に通わせるのと同じぐらいの経済的負担があるということがわかりますね。

そう考えると、ご両親の職業はますます気になるところです。

今後、古賀選手の活躍とともに詳細情報が出てくるかもしれませんね!

まとめ

  • 父・母・兄の4人兄弟
  • 家族に関する情報はなし
  • 両親の職業についても詳細はわからない
  • 古賀選手は、一般的な私立中・高並みの学費がかかるJFAアカデミー福島に6年間在籍、卒業している

古賀塔子選手に関する情報は、まだとても少なかったです。
しかし、オランダのフェイエノールトやパリ五輪など、今後の活躍が期待されている実力の持ち主!

きっと大活躍をして、彼女の魅力を一層引き出すニュースで今後溢れていくことでしょう。

古賀選手を温かく応援していきたいですね!

目次