MENU

日下尚の名前の由来!身長・体重などプロフィールを紹介

日下尚選手は、2023年9月に行われたレスリングの世界選手権で、初出場ながら銅メダル獲得。
パリオリンピックの代表を掴んだ、若き期待の選手です。

オリンピック初出場という日下選手に、世間の注目も集まっています!
この記事では、日下選手の名前の由来やプロフィールを詳しくまとめました。

目次

日下尚の名前の由来

シドニーオリンピック女子マラソンで、金メダルを獲得した高橋尚子選手から「尚」をとった

日下選手は2000年生まれ。
この年はシドニーオリンピックが開催され、大いに盛り上がりました。

女子マラソンでは、Qちゃんこと高橋尚子選手が見事金メダルを獲得。
記念すべきミレニアムの「金メダル」というめでたい出来事から、母親が名付けたそうです。

生まれ年のオリンピック金メダリストの名前から一字取るなんて、素敵ですよね。
いつか「金メダルを取るような子に育ってほしい」という願いが込められていたのかもしれません!

日下選手自身も、自分の名前の意味をしっかりと意識し、レスリングに向き合っているそうです。

日下尚の身長・体重などプロフィールを紹介!

引用元:『読売新聞オンライン』

続いては、日下選手のプロフィールをまとめました。

日下尚選手のプロフィール

生年月日:2000年11月28日

身長:172cm

体重:77kg

出身地:香川県高松市

階級:男子グレコローマンスタイル77キロ級

所属:三恵海運

長所:凡人であること

日下選手は、自身のことを「凡人」と表現しています。
3歳からレスリングを始めたものの、なかなか結果が出ずにいた日下選手。

幼いころから華々しい経歴があるわけではなくとも、あきらめずにレスリングを続け、努力を惜しまなかったからこそ今の強さがあるのでしょう。

さらに、日下選手は相撲経験もあるのだとか!

高校に入るまではレスリングで結果が残せませんでしたが、なんと中学時代には相撲で全国大会に出場しています。
この相撲で培った体と精神の強さは何物にも代え難いものとなり、「相撲スタイルで前に出る」という日下選手ならではのレスリングが生まれました。

海外選手にも通用する強さの秘訣は、ここにあるのかもしれません!

日下尚の活躍がすごい!

引用元:『サンスポ』

大学を卒業し、三恵海運所属となってからの華々しい活躍をまとめました!

日下選手の活躍

2023年6月:ハンガリーで行われたレスリングの大会で優勝
グレコローマンスタイル77キロ級で、日本人で初めてランキング・ポイントで1位

2023年9月:世界選手権で銅メダルを獲得
パリオリンピックレスリング代表に内定

2024年:アジア選手権優勝

日本人で初めてとなる偉業も成し遂げているのですね!

また、香川県出身という日下選手ですが、「うどんを食べてパワーにしたい」とパリオリンピックへの意気込みを語っています。

パリオリンピックでの活躍もとても楽しみですね!

まとめ

  • 名前の由来はシドニーオリンピック金メダリストの高橋尚子選手
  • 身長172cm、体重77kg
  • 日本人で初めてランキング・ポイントで1位(グレコローマンスタイル77キロ級)
  • パリオリンピック代表に内定
  • オリンピック初出場
  • 相撲部の経験もある

日下尚選手についてご紹介しました。

はじめてというオリンピックですが、相撲で培った四肢の強さを活かし、日下選手にしかできないレスリングを見せてもらいたいですね!

この先のレスリング人生に自信がつく結果となるよう、日下選手に大きな声援を送りましょう!

目次