MENU

新一万円札(渋沢栄一)がダサい!おもちゃみたい・中国っぽいと言われる理由の真相

2024年7月3日、ついに新しい一万円札が発行されました!

「日本資本主義の父」と呼ばれる渋沢栄一がデザインに採用され、紙幣刷新への期待が高まっていました。

ところが、いざ発行されると、ネットを中心に「ダサい」「おもちゃみたい」「中国っぽい」といった意外な声が続出。

一体、なぜこんなにも賛否両論が巻き起こっているのでしょうか?

そこで今回は、新一万円札デザインの真相を掘り下げてみたいと思います。

ユニバーサルデザインの観点も踏まえながら、新一万円札の秘密に迫っていきましょう!

目次

新一万円札のデザインが「ダサい」と言われる理由

画像引用:朝日新聞デジタル

新一万円札のデザインで特に批判を浴びているのが、大きな数字のフォントとその配置です。

従来の一万円札では「壱万円」と漢数字で描かれていた部分が、「10000」というアラビア数字に変わりました。

この変更に対して、多くの人が違和感を覚え、「ダサい」と感じる理由の一つとなっています。

従来の一万円札は漢字の美しい筆致が特徴で、日本文化を強く感じさせるものでした。

でも、新しいデザインでは数字が大きく、ゴシック体に近いフォントが使われています。

このフォントの選定が「かっこいい」とは思えず、むしろ味気ないと感じる人が多いようです。

新一万円札のデザインが「おもちゃみたい」と言われる理由

画像引用:朝日新聞デジタル

さらに、新一万円札の色彩とデザインも「おもちゃっぽい」と感じられる原因の一つです。

新しい紙幣には鮮やかな色彩が使われていて、ホログラムも施されています。

このような要素が視覚的に派手すぎると感じられ、おもちゃの紙幣のように見えるという声がありるようです。

https://twitter.com/KinKi51_24love/status/1808833315572756493

これは、長年慣れ親しんだデザインと比べて、新しいデザインが非常に斬新だからでしょう。

見慣れていない違和感から、子供向けのおもちゃのように感じられるのかもしれません。

新一万円札のデザインが「中国っぽい」と感じられる理由

画像引用:読売新聞オンライン

新しい一万円札が「中国っぽい」と感じる理由は、実は肖像画にあります。

新しい一万円札には「日本資本主義の父」と呼ばれる渋沢栄一さんが描かれています。

一方、中国の人民元には革命の指導者である毛沢東さんが描かれています。

この二人を比べると、どちらも広いおでこを持っていて、確かになんとなく似ていると感じてしまいますよね。

よくよく比べれば、紙幣のデザイン自体も大きく異なっていますし色味の印象も全然違います。

でもやっぱり、なんとなく雰囲気や印象が似ていると感じるのは、やはり肖像画の影響が大きいのではないでしょうか!

新一万円札はユニバーサルデザインと偽造防止技術がすごい!

画像引用:NHK

あまり評判が良くない新一万円札ですが、実はその裏側には、よく考えられたデザインと最新技術が詰め込まれているんです!

視覚障害者や高齢者への配慮

新一万円札のデザインには、多くの人が使いやすいユニバーサルデザインが取り入れられています。

特に視覚障害者や高齢者に配慮した設計がされています。

例えば、数字を大きくすることで、視覚に障害がある人でも金額を簡単に認識できるようになっています。

フォントの選定も視認性を重視しており、誰でも読みやすいように工夫されています。

これにより、紙幣を使う全ての人が便利に利用できるようになっています。

視覚障害者や高齢者にとっては、紙幣の使いやすさが向上しています。

さらに、視認性の高いフォントや大きな数字は、外国人にもわかりやすいデザインを意識したとのこと。

これらは、ユニバーサルデザインの素晴らしいメリットです。

偽造防止技術の導入

新しい一万円札には、最新の偽造防止技術がたっぷり詰まっています!

ホログラムや微細な印刷技術を駆使し、紙幣のセキュリティがグンとアップしました。

例えば、紙幣を斜めに傾けると肖像が立体的に見える仕掛けが施されているんです。

こうした技術の進化のおかげで、新一万円札は偽造が非常に難しくなりました。

新しいデザインの背景には、こういった工夫がいっぱい詰め込まれているのです。

まとめ

新しい一万円札のデザインが「ダサい」「おもちゃみたい」「中国っぽい」と感じられる理由には、数字のフォントと配置、色彩とデザイン、肖像画のスタイルなどが挙げられます。

しかし、このデザインには多くの人が使いやすいユニバーサルデザインや高度な偽造防止技術が取り入れられており、メリットも多く存在します。

初めて目にした時には違和感があるかもしれませんが、使い続けるうちにその利便性や信頼性を実感できるでしょう。

新しい一万円札をあなたはどう感じますか?ぜひ実際に手に取って確かめてみてください!

目次