MENU

長谷川唯の年俸推移と年収まとめ!マンチェスターシティー移籍で爆上がりって本当?

なでしこジャパンの司令塔として活躍する長谷川唯選手。

世界最高峰の女子サッカーリーグであるFA WSLのマンチェスターシティでプレーする彼女の人気は国内外で高まっており、その年収にも注目が集まっています。

本記事では、長谷川唯選手のプロキャリアにおける年俸推移を徹底解説。

初期キャリアから現在までの変遷、日本と海外クラブでの年俸比較、マンチェスターシティ移籍に伴う年俸の変化、そして将来的な年俸予想まで、詳細に掘り下げていきます。

目次

長谷川唯の年俸推移を徹底解説!

Yui Hasegawa/長谷川唯 (@maybe10_) / X
画層引用:X

長谷川唯選手の年俸は、プロキャリアが始まった当初は約400万円と推測されていました。

そして結果を残し海外クラブに移籍するようになるにつれ、その年俸はどんどん高くなっていったと予想されています。

ここでは彼女の初期キャリアから現在までの年俸の変遷、日本と海外クラブでの年俸の違いを解説します。

初期キャリアからの年俸の変遷

  • 日テレ・ベレーザ時代 (2013-2020):推定年俸400万円
  • ACミラン時代 (2021):推定年俸800万円
  • ウェストハム・ユナイテッド時代 (2021-2022):推定年俸1200万円

長谷川唯選手は2013年に日テレ・ベレーザに入団し、プロキャリアをスタートさせました。

当時の年俸は非公開ですが、契約初期は新人選手として平均的な400万円程度だったと推測されます。

その後、日テレ・ベレーザで主力選手として活躍するにつれて、年俸も徐々に上昇していきました。

2017年にはACミランへ移籍し、海外でのキャリアをスタート。

契約内容は公開されていませんが、推定年俸は800万円前後とされています。

その後、2021年にウェストハム・ユナイテッドへ移籍し、年俸はさらにアップ。

推定年俸は1,200万円前後とされています。

日本と海外クラブでの年俸比較

上記の通り、長谷川唯選手は海外移籍によって年俸を大幅にアップさせています。

これは、女子サッカー選手の年俸が日本と海外で大きく異なるためです。

  • 日本の女子サッカーリーグの年俸: 約300万円~
  • 欧州の女子サッカーリーグの年俸: 約700万円〜

この年俸の格差は、国による女子サッカーの市場規模の違いが主な要因です。

欧州女子サッカーのプロリーグとしての人気の高さが、選手価値に反映されているのです。

トップ選手であれば、さらに高額な年俸を獲得できるケースも少なくありません。

長谷川唯の年俸はマンチェスターシティ移籍でどう変わった?

エグいメンツ」「混じってるの凄すぎる」 なでしこ長谷川唯、シティ男子チームとの"集合"にファン衝撃 | フットボールゾーン
画層引用:FOOTBALL ZONE

長谷川唯選手が現在所属するマンチェスターシティでの年俸は、約2,300万円にものぼると推測されています。

ここでは、移籍前後の年俸比較とマンチェスターシティでの契約内容について詳しく解説していきます。

移籍前後の年俸比較

2022年、長谷川唯選手はFA WSLのマンチェスターシティへ移籍しました。

移籍当初の推定年俸は約1,200万円と言われていましたが、2024年に契約更新を果たし、年俸が大幅にアップ。

現在の推定年俸は約2,300万円と言われており、プロデビュー時から比べると約6倍の年俸額へと成長を遂げました。

この躍進は、長谷川唯選手がマンチェスターシティにおいて主力選手として活躍していることを示しています。

マンチェスターシティでの契約内容と年俸詳細

  • 契約期間: ~2027年
  • 推定年俸: 約2,300万円
  • 背番号: 25

長谷川唯選手には年俸以外にも、出場試合数やパフォーマンスの内容によってインセンティブが付与されている可能性があり、その結果より多くの報酬を得ていると考えられます。

長谷川唯の将来の年俸予想は?

長谷川唯の写真特集 | ゲキサカ
画像引用:ゲキサカ

サッカーの本場、欧州のリーグでも存在感を発揮している長谷川唯選手。

将来的には3,000万超えプレーヤーになることも十分現実的です。

ここでは期待されるパフォーマンスと市場価値、そして他クラブへの移籍の可能性と年俸予測について詳しく解説していきます。

期待されるパフォーマンスと市場価値

マンチェスターシティ中盤を支える長谷川唯選手は、高い技術力と戦術理解でチームに欠かせない存在となり、主力選手として定着しました。

今後は更なる活躍の場を広げ、日本代表でも中心選手として活躍することが期待されます。

この活躍が続けば、将来的な年俸アップも十分に考えられるでしょう。

年俸3,000万円という市場価値も射程圏内に入る可能性があります。

他クラブへの移籍可能性と年俸予測

長谷川唯選手は現在27歳と、キャリアのピークはまだまだ続きます。

2027年までマンチェスターシティと契約を結んでいますが、今後はより高年俸を求めて他クラブへ移籍する可能性も考えられます。

もし他クラブからオファーがあり移籍を決断する場合は、少なくとも現状の年俸2,300万円を維持、あるいは3,000万円を超えるオファーが舞い込むことは十分に考えられるでしょう。

まとめ

長谷川唯選手は、日本女子サッカー界を代表する選手であり、その活躍は年俸にも反映されています。

今後は、さらなる活躍によって年俸アップと市場価値向上を目指すことが期待できるでしょう!これからも長谷川唯選手のパフォーマンスに注目していきたいですね。

目次